2018年4月12日 3LOM合同例会 ~作法笑点~ IN 内子座

大洲青年会議所・八幡浜青年会議所・宇和島青年会議所によります

第三エリア公式訪問例会が内子座にて開催されました!

各地、会員会議所理事長をはじめとしますメンバーの皆様
愛媛ブロック中田会長をはじめとしますブロックメンーの皆様

喜多郡内子町にお越し頂き頂き誠に有難う御座いました。

今も活用されており、2015年には国の重要文化財に指定され

2016年には100周年を迎えた芝居小屋です。

そんな歴史ある内子座にて、皆様と学びの多い時間を共有できました事 

厚く御礼申し上げます。

 

2018年3月13日 人工知能がもたらす地域産業の革命

 

「人工知能がもたらす地域産業の革命」と題し、A..専門講師の先生をお招きし、スケジュールに沿って講演会を開催致しました。

 現在の大洲市・喜多郡ないし愛媛県に対する問題で、私達も一般常識的に認識しているものの、もっと深く追求する意味で経済で地域研究をされている機関から、人口減少と少子高齢化の理由を具体的な数字を知ることが出来ました。学生からの意識がすでに県外へ定住するに向いており、県内に戻り活躍するという意思が余りないという悲観的数字で有りました。理由として、希望に叶う職種が少ない、望みの店舗や公共機関、交通手段、利便性等々、親世代が押しつけている面もあり得るように思えました。地域の若者が進学・就職するに当たり、そのまま定住してしまう若者の県内離れ・県外流出の問題をどう克服するべきか改めて考えさせられました。人口減少はやむを得えなしを考えるならば、人口維持を図りつつも労働人口の温存を考えて行かなくてはならない。そこでハイテク機器や人工知能を活用した新しい産業の開拓を始め、働き方・時間の見直し、遠隔労働など、従来にない方法でサービスの開拓、製造の生産性を更新し続けなければ地方創生の意味をなさないと思いました。

 

 

2018年2月14日  ハートをいっぱいに


2018年度始まって始めての例会です。

毎年2月の例会は会員拡大委員会が担当しております。

昨年同様、2月14日バレンタインデーの日に開催。

グーグルマップを利用した地点登録により、メンバー全員での情報共有の仕方を確認しました。

チョコよりも新メンバーがほしいメンバーが全員で、会員拡大のための対策を勉強しながら、意識改革をするいい機会となりました。

 

本年度大洲青年会議所では11名の会員拡大を目標としています。

 

青年会議所に入会できるのは、40歳の12月31日までです。

郷土愛を胸に日々成長し続ける我々の仲間にぜひなってください。

 

2018年1月12日 新年会

1月12日に例会・新年会が開催されました。

多くのご来賓の皆様やシニアクラブの先輩方にお越しいただき、盛大に開催されました。

第65代 松井理事長をはじめとします大洲青年会議所を

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2018年度も宜しくお願い申し上げます。

新年、明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

旧年中は、(一社)大洲青年会議所の活動にご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございました。

本年度も、青年としての英知と勇気と情熱をもって、明るく豊かな社会を築きあげるため邁進してまいります。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。


11月14日

今年最後の通常例会となる11月例会は広報委員会による例会アワー「みんなでPR」を開きました。

『ジョバリの窓』というシステムを使った自分自身と相手のお互いを分析するという、主観姓、客観性を併せ持った内容でした。

公式の場で冷静に評価し合うというのは、ある種の気恥ずかしさを伴いましたが改めて自分のことを知るのに、良い機会となる例会になりました。

10月12日

10月例会は、皆さんお待ちかねの11月3日に開催される第35回おまつり村の説明会が行われました。子供が喜びそうなイベントが目白押しで期待大です。

また二宮亮君が正会員として入会し、斉藤大祐君が入籍されたと二重に渡ってめでたい

事が起こりました。この流れのまま、おまつり村に突入すれば本番大成功に間違いはないこと請け合いです。

9月14日

本日、愛をもって接する会員拡大委員会による、外部の若手メンバーを招いての交流会が開かれました。

地域貢献について話し合われ、新鮮な様々な意見を頂きました。

ご参加された皆さん、ありがとうございました。

9月12日

9月例会はまちづくり委員会による「棚田米披露に向けて」が開かれました。

そこで高校生と一緒になって作られたエコストーブや、実際に育てられたお米を使ってのおにぎりを振る舞うなど、事業の集大成をお披露目されました。

また濱田崇正君に第2子のお誕生、入院していた東泰生君の退院祝いとおめでたい事が続きました。

8月6日

本日は上須戒ふれあい広場でメンバーの家族を招いての家族例会が行われました。

前半は通常例会を行い、メンバーの普段の勇姿を見てもらい、後半の例会アワーでは、奥方、子供達と一緒になってカレーを作りました。

家族仲とJCへの理解を深めるという、二つの課題をものの見事に両立できた結果となりました。

 

7月6日

7月例会はOzu Dream Cup meeting

多くのチームが集まるOzu Dream Cupの開催にあたり、大洲の地に来ていただく子供たちや監督、コーチ、保護者の方々に心地よく参加していただきたい。そして、選手である子供たちに最高の舞台を提供できるよう各チーム代表者の方々から指摘を頂いたり、大会・試合運営上で注意するところの補足やアドバイスをいただき、大会本番に向けての良い準備となりました。大洲青年会議所メンバーと各チームの代表者が同じ場所に集まり、大会の流れや役割を共有できた例会となりました。

6月13日

6月例会はシニア合同例会でした。

歴代理事長よりJC活動についてお話をしていただき、これから先出向するメンバーに出向とはどんなものかわかってもらえたと思います。

また、入会式と還暦を祝う会も行い楽しい例会となりました。

5月12日

5月例会はルーキー大活躍でした。

まず藤岡一平くんと高岡昭宏くん、二名の入会式が行われました。

実にめでたい!

次いで例会アワー。

例会アワーは、高橋慶多委員長が率いる指導力開発委員会が9月に開催する予定の委員会事業「ちゃりんこRUSH」に向けての説明会が行われましたが、そこでまだオブザーバーであるにも関わらず、専門家ということで二宮亮さんを中心に交えての説明となりました。

これからの大洲JCの更なる躍進を期待できる活力みなぎる例会でした。

3月14日

3月例会、まちづくり委員会及び矢野委員長による

「棚田について学ぶ」が開催されました。

棚田保存会の大崎さんと城本さんをお招きし、ご講演頂きました。
棚田を通じて地域づくりをしておられる話をして頂き大変勉強になりました。
ありがとうございました。
私達も負けてられないな、とより気合いが入った良い例会でした。

2月14日

2月例会・公開例会「一緒に南予について考えて、みんなで夢を語ろう」が大洲市総合福祉センター2階にて開催されました。

たくさんの参加者の皆様にお越しいただき、熱く地域について全員で討論、発表し大変盛り上がった会になりました。

懇親会では参加者の皆様と楽しいひと時を過ごしました。


1月12日

1月例会・新年会が開催されました。

多くのご来賓の皆様やシニアクラブの先輩方にお越しいただき、盛大に開催されました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。