2018.11.13               11月担当例会 ~JCフィットネス~

本年度最後の通常例会 11月例会が13日に開催されました。

今回の担当例会では(一社)愛媛県ネットワーク協会 代表理事の幸田裕司さんを講師にお招きしました。

 学校や企業などでも数多くの講義を行っている幸田さんに、西日本豪雨災害における見えないストレスや解消方法、日常生活におけるストレスなどを中心に講義をしていただきました。仕事や青年会議所活動以外にも地元の行事参加やボランティア、消防団活動なと様々な活動に参加しているメンバーのみんな・・・。

疲れた身体、見えないストレスをどう予防・改善していくか(笑)。

終始、笑いありの和やかな講義に耳を傾けてました。

幸田先生、実りのある講義と有意義な時間をありがとうございました!!!

 

 

11月例会 オブザーバー参加

 

Honda Cars 大洲インター店

営業 二宮 芳樹 君 (ニノミヤ ヨシキ)

 

今回の例会はオブザーバーとして二宮君に参加をしていだきました。

勤務先、勤務経緯、青年会議所の印象などを交えてのすばらしい挨拶をしていただきました。

懇親会にも参加していただき(飲みっぷりも良く)メンバーとも交流する事ができました。

ぜひとも、大洲青年会議所のメンバーとして一緒に活動して、大洲市を盛り上げていきましょう!!!


2018年11月3日 第36回おまつり村 終了しました。

 見事な秋晴れの下、文化の日に合わせて開催しているおまつり村。

感謝の気持ちでいっぱいです。取り急ぎ当日の活動写真をご報告いたします。

 子供たちの笑顔のために、おまつり村の実行委員長として徳山委員長を中心に「スライム作り」、小学生たちが考えたオリジナル休み時間遊び「宝島を守れ」、「ふわふわ」、そして第二部の「花火大会」等を運営いたしましたことをご報告いたします。ご来村ありがとうございました。


2018年度 JCPRESS大洲 Vol.26

本年度のJCPRESS大洲が完成しました!

大洲市内に回覧板と共に配布してます。

回覧板ではご覧になれない方はコチラで読んでみてください☆


2018年11月3日 おまつり村について

ようこそ大洲青年会議所のホームページへ

ここでは11月3日に開催する「おまつり村」について説明します。

 おまつり村とは、11月初旬に愛媛県大洲市で開催されるおおずまつりの一環で、緑地公園を舞台に屋台やステージ企画など様々な催しが行われる企画です。

 歴史は長く今回で第36回目を数えますので、運営をしている我々も幼少期に参加をした思い出がある、今でも市民に愛され続けているお祭りです。

 さて、今年の「おまつり村」が開催されるには大きな問題点がありました。それは記憶にも新しい平成30年西日本豪雨です。この影響で大洲市の半分以上が被害を受け、もちろん我々メンバーの事業所や家も被害を受けました。

 

 大洲青年会議所として、何ができるのか。

 

 我々はまず社会福祉協議会との連携を図り、どの団体よりもスピード感を持ってボランティアブースを立ち上げました。そして県内を問わず県外からの有志を「復旧」にむけ力を注いできました。

 日本中からのボランティア、各諸団体、そしてもちろん市民自身の手によって少しずつ大洲市に光が戻り、これまでの生活へ向けて新たなステージへと向かい始めました。

 

 その新たなステージとは「復興」。

 

 大洲青年会議所として、何ができるのか。

 

 我々が導き出した復興に向けた動きとは、今まで通りの「おまつり村」を、当たり前のように開催し、子供たちの笑顔があふれる場所・環境を提供する。事でした。

 今年も「おまつり村」は開催します。子供たちのために。

みなさまに喜んでいただけるような、飲食ブース、ステージ企画、そしてスペシャル企画として、夜空に花火を打ち上げます。

■第一部■

平成30年11月3日(土曜日・祝)

午前9時30分~16時

 ・飲食ブース

 ・警察、国交省、消防車両展示

 ・郷土芸能

 ・その他

※悪天候時は中止する場合がございます。

                      ※会場内に駐車場はありません。

■第二部■

平成30年11月3日(土曜日・祝)

午後16時~17時30分

 ・YOSAKOI

 ・花火打ち上げ

※悪天候時は中止する場合がございます。

※会場内に駐車場はありません。

■駐車場について■

 当日、申し訳ございませんが西日本豪雨の影響で河川敷駐車場はございません。

※関係者(出展者のみ)時間を決めて車輌の出し入れができます。

 

■一般の方への近隣駐車場のご案内■

 ・大洲市民会館駐車場(8:00~22時)※1h=75円

 ・観光駐車場(元大洲警察署)

 ・大洲市庁舎駐車場(立体)

 ・大洲まちの駅駐車場

 ・五郎大橋(大洲市喜多小学校裏 河川敷)

※いずれも駐車スペースに限りがございますので、乗り合わせ、もしくは公共交通機関をご利用することをオススメいたします。

 大洲青年会議所では、「おまつり村」第二部で開催する花火大会の運営資金をクラウドファンディングとしてみなさまから応援していただいています。是非ともパトロンになって、子供たちのためにドデカイ花火を打ち上げられるよう応援お願いいたします。

 ※詳細は上記にある赤いリンクボタンよりどうぞ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 ※なお、雨天、強風などによる悪天候等での「おまつり村」中止のご案内は、当日11月3日の午前6時前後に一般社団法人大洲青年会議所facebookページにてお知らせいたします。


2018年9月12日 会員拡大委員会担当例会                  続ハートをいっぱいに

9月12日例会を開催しました。

本年度2回目の会員拡大を考える例会です。

 

例会アワーでは、本年度の活動報告、2月の例会で取ったアンケートの集計結果について、現状の課題と対策についてを考える、対象者の会社訪問時のシュミレーション、最後に松井理事長からの熱いシュプレヒコールを行いました。

 

アンケートの結果では入会してよかったという意見が99%で、我々自身が活動に対して、楽しみながら自己の成長をできる場であるという意見が多くありました。

シュミレーションの時間では、服装・話す時間・時間帯・アポ取り等営業マンにとっては当然わかるということも含み、委員会メンバーの劇を交え、面白く勉強できました。

 

本年度の会員拡大目標は11人ですが、まだ達成できておりません。

 

7月の豪雨災害後、ようやく町に光が見え始めました。

様々な課題がある中ではありますが、大洲を盛り上げるためにも我々と一緒に活動しましょう。

 

 

下の写真は今月入会式をした二名のメンバーです。

左 亀田 翔平 君    右 上田 径 君です。 


7月1日 考・提・ASOBI みんなであそんでみよう

7月1日、5月に各小学校にて選考していただき、選ばれた新たなASOBI、を実際に大洲市内の小学校に参加を募り、子供たちで遊んでもらいました。

 

当日は50名弱の小学生に参加いただき、6チームに分かれて遊びました。

 

 

選考により選ばれた長浜小学校4年生の久保雅琴さんの考えた、『宝島を守れ』というASOBIです。

大洲青年会議所のYouTubeにて遊び方も載せております。『考・提・ASOBI』と検索していただきますと遊び方も載っておりますので、ぜひ子供たちに遊んでいただきたいと思います。興味のある方は検索お願い致します。


2018年6月12日シニア合同例会 青年会議所事業の進化の系譜

大洲青年会議所のシニアメンバーと合同で例会を開催しました。その際に、青年会議所で過去に開催してきた「まちづくり」事業をまとめ、ピックした事業を当時のことを振り返りながら担当シニアメンバーに語っていただきました。

過去のまちづくり事業を振り返ることで、シニアメンバーも現役だった頃を思い出し、苦労された面等を現役メンバーが学ぶことができました。

 

シニア会まちづくりスピーチは、沖村忠先輩には「いかだ流し」について、そして井上正之先輩には「大洲城復元」について。さらに古野誉先輩には「新市長公開討論会」について当時を振り返っていただきました。

沖村忠先輩

井上正之先輩

古野誉先輩


 平成の30年間で、世代とまちの情景は変わったものの、大洲青年会議所が発端で、惜しくも無くなった事業もあれば、現在も通年として繋がっている事業もあると知ることが出来ました。これは私達の団体で様々な苦労と工夫の中で得られた実績です。この積み重ねを強みとし、今後どのように活かしていくのか。また、面識が余りないシニア会の方とも今回の企画をきっかけに大変良い談話をさせていただきました。


5月15日 考・提・ASOBI 選考会

2018年4月12日 3LOM合同例会 ~作法笑点~ IN 内子座

大洲青年会議所・八幡浜青年会議所・宇和島青年会議所によります

第三エリア公式訪問例会が内子座にて開催されました!

愛媛ブロック中田会長をはじめとしますブロックメンバーの皆様

各地、会員会議所理事長をはじめとしますメンバーの皆様

喜多郡内子町にお越し頂き頂き誠に有難う御座いました。

内子座は、今も活用されており、2015年には国の重要文化財に指定され

2016年には100周年を迎えた芝居小屋です。

そんな歴史ある場所で、皆様と学びの多い時間を共有できました事を 

厚く御礼申し上げます。

 


2018年3月13日 人工知能がもたらす地域産業の革命

 

「人工知能がもたらす地域産業の革命」と題し、A..専門講師の先生をお招きし、スケジュールに沿って講演会を開催致しました。

 現在の大洲市・喜多郡ないし愛媛県に対する問題で、私達も一般常識的に認識しているものの、もっと深く追求する意味で経済で地域研究をされている機関から、人口減少と少子高齢化の理由を具体的な数字を知ることが出来ました。学生からの意識がすでに県外へ定住するに向いており、県内に戻り活躍するという意思が余りないという悲観的数字で有りました。理由として、希望に叶う職種が少ない、望みの店舗や公共機関、交通手段、利便性等々、親世代が押しつけている面もあり得るように思えました。地域の若者が進学・就職するに当たり、そのまま定住してしまう若者の県内離れ・県外流出の問題をどう克服するべきか改めて考えさせられました。人口減少はやむを得えなしを考えるならば、人口維持を図りつつも労働人口の温存を考えて行かなくてはならない。そこでハイテク機器や人工知能を活用した新しい産業の開拓を始め、働き方・時間の見直し、遠隔労働など、従来にない方法でサービスの開拓、製造の生産性を更新し続けなければ地方創生の意味をなさないと思いました。

 

 


2018年2月14日  ハートをいっぱいに


2018年度始まって始めての例会です。

毎年2月の例会は会員拡大委員会が担当しております。

昨年同様、2月14日バレンタインデーの日に開催。

グーグルマップを利用した地点登録により、メンバー全員での情報共有の仕方を確認しました。

チョコよりも新メンバーがほしいメンバーが全員で、会員拡大のための対策を勉強しながら、意識改革をするいい機会となりました。

 

本年度大洲青年会議所では11名の会員拡大を目標としています。

 

青年会議所に入会できるのは、40歳の12月31日までです。

郷土愛を胸に日々成長し続ける我々の仲間にぜひなってください。

 

2018年1月12日 新年会

1月12日に例会・新年会が開催されました。

多くのご来賓の皆様やシニアクラブの先輩方にお越しいただき、盛大に開催されました。

第65代 松井理事長をはじめとします大洲青年会議所を

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2018年度も宜しくお願い申し上げます。

新年、明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

旧年中は、(一社)大洲青年会議所の活動にご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございました。

本年度も、青年としての英知と勇気と情熱をもって、明るく豊かな社会を築きあげるため邁進してまいります。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。


11月14日

今年最後の通常例会となる11月例会は広報委員会による例会アワー「みんなでPR」を開きました。

『ジョバリの窓』というシステムを使った自分自身と相手のお互いを分析するという、主観姓、客観性を併せ持った内容でした。

公式の場で冷静に評価し合うというのは、ある種の気恥ずかしさを伴いましたが改めて自分のことを知るのに、良い機会となる例会になりました。

10月12日

10月例会は、皆さんお待ちかねの11月3日に開催される第35回おまつり村の説明会が行われました。子供が喜びそうなイベントが目白押しで期待大です。

また二宮亮君が正会員として入会し、斉藤大祐君が入籍されたと二重に渡ってめでたい

事が起こりました。この流れのまま、おまつり村に突入すれば本番大成功に間違いはないこと請け合いです。

9月14日

本日、愛をもって接する会員拡大委員会による、外部の若手メンバーを招いての交流会が開かれました。

地域貢献について話し合われ、新鮮な様々な意見を頂きました。

ご参加された皆さん、ありがとうございました。

9月12日

9月例会はまちづくり委員会による「棚田米披露に向けて」が開かれました。

そこで高校生と一緒になって作られたエコストーブや、実際に育てられたお米を使ってのおにぎりを振る舞うなど、事業の集大成をお披露目されました。

また濱田崇正君に第2子のお誕生、入院していた東泰生君の退院祝いとおめでたい事が続きました。

8月6日

本日は上須戒ふれあい広場でメンバーの家族を招いての家族例会が行われました。

前半は通常例会を行い、メンバーの普段の勇姿を見てもらい、後半の例会アワーでは、奥方、子供達と一緒になってカレーを作りました。

家族仲とJCへの理解を深めるという、二つの課題をものの見事に両立できた結果となりました。

 

7月6日

7月例会はOzu Dream Cup meeting

多くのチームが集まるOzu Dream Cupの開催にあたり、大洲の地に来ていただく子供たちや監督、コーチ、保護者の方々に心地よく参加していただきたい。そして、選手である子供たちに最高の舞台を提供できるよう各チーム代表者の方々から指摘を頂いたり、大会・試合運営上で注意するところの補足やアドバイスをいただき、大会本番に向けての良い準備となりました。大洲青年会議所メンバーと各チームの代表者が同じ場所に集まり、大会の流れや役割を共有できた例会となりました。

6月13日

6月例会はシニア合同例会でした。

歴代理事長よりJC活動についてお話をしていただき、これから先出向するメンバーに出向とはどんなものかわかってもらえたと思います。

また、入会式と還暦を祝う会も行い楽しい例会となりました。

5月12日

5月例会はルーキー大活躍でした。

まず藤岡一平くんと高岡昭宏くん、二名の入会式が行われました。

実にめでたい!

次いで例会アワー。

例会アワーは、高橋慶多委員長が率いる指導力開発委員会が9月に開催する予定の委員会事業「ちゃりんこRUSH」に向けての説明会が行われましたが、そこでまだオブザーバーであるにも関わらず、専門家ということで二宮亮さんを中心に交えての説明となりました。

これからの大洲JCの更なる躍進を期待できる活力みなぎる例会でした。

3月14日

3月例会、まちづくり委員会及び矢野委員長による

「棚田について学ぶ」が開催されました。

棚田保存会の大崎さんと城本さんをお招きし、ご講演頂きました。
棚田を通じて地域づくりをしておられる話をして頂き大変勉強になりました。
ありがとうございました。
私達も負けてられないな、とより気合いが入った良い例会でした。

2月14日

2月例会・公開例会「一緒に南予について考えて、みんなで夢を語ろう」が大洲市総合福祉センター2階にて開催されました。

たくさんの参加者の皆様にお越しいただき、熱く地域について全員で討論、発表し大変盛り上がった会になりました。

懇親会では参加者の皆様と楽しいひと時を過ごしました。


1月12日

1月例会・新年会が開催されました。

多くのご来賓の皆様やシニアクラブの先輩方にお越しいただき、盛大に開催されました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。